有限会社Ayleeds社長日記。継接ぎだらけですが、世界一周旅行もやってます。

プチ社長日記:『雨の中、縄文杉を見に行った』の話

ワーケーションであります。
前から思っていたんですが、「リモートワークってどこでやっても一緒じゃね?」と思っている輩はやはり多いらしく、緊急事態宣言解除後は温泉その他で過ごす人も出てきたようです。
かくいう私も屋久島に行ってきたクチなんですけどね。
終業後に鹿児島に移動し、翌日の昼飯後の時間帯にシレッと屋久島に移動さえしてしまえば、誰も屋久島にいるとは気づかない。(別に気づかれてもいいのだが)

勿論、それなりに忙しいので日中はまじめに宿に籠って仕事をします。
で、夜になったら飲みに出かける、、、はずが、18時50分が最終バスであり、飲み屋があるような街までタクシーで片道5,000円也、辺りは真っ暗、そして雨、というコンディションで平日はずっと宿で過ごしておりました。
いや、マジで仕事しかできることがないんですけど。まぁ、これはこれでいいんですけどね。

・・・なので、週末を待ち、唯一自由に動ける土曜日に唯一にして最大のイベント(唯一なんだから当然だが)、縄文杉訪問に全集中。思わず水の呼吸になります。

けれど、雨。というか、九州の方は大変なことになってるらしい。つまり、相当強い雨。
東京ではコロナがぶり返して、緑のおばさんが外出自粛めいたことを再勧告したとか。遅いよ、戻りたくても戻れないよ。
そして荒川登山口までのバスは雨の為、運休。
いろんな要素が外出を禁じているが、ずっとホテルに缶詰めだったのでとりあえず行くだけ行ってみることに。

安房という街までバスで出て、タクシーの運転手と相談。
「上の方は意外に雨、少ないんじゃないかな」という言葉を信じてGo!!
途中、ゲートが閉まってて「おや、これは無理か?」と思ったのですがおっちゃんが明けてくれて先に進めることに。
つまり、本日の一番乗りです。7時過ぎてるけど。

DSC_0113.JPG
荒川登山口には森林軌道(トロッコ)の始発でもありますが、普段は運転していないようです。
車庫の車両はこんな風だし。
DSC_0114.JPG

とりあえずこの軌道にそって大株歩道までの道のり(片道8.1km)を歩きます。雨の中、淡々と。
雨が続いているせいで地盤が緩んでおり、警戒は必要なんでしょうが、この軌道の真ん中には踏板が整備されていて、歩きやすいです。いや、これ整備した人の偉業に頭が下がります。
DSC_0119.JPG

DSC_0125.JPG

そして大株歩道入り口。本当はここに朝10時までに着かないといけないらしいのですが、10時半頃到着。
DSC_0132.JPG
因みに、写真右手の方から登ってくることになります。

で、ここからが本番。縄文杉までは2.5kmまでしかないのだが、既に登山道が川のように。
DSC_0142.JPG
でも、なぜかハードルがあがると燃える性格。
結構、縄文杉は女性に人気のあるスポットなのか、過去に『縄文杉行ってきたのー♪』という女性には何人か会っているので、たとえ激しい雨でも『あ、ボクは無理でした』と言いたくない気持ちが私の背中を全力で推します。

そして大株歩道から入って最初の目標、ウィルソン株。
DSC_0143.JPG
株の中には小さな祠があり、掌を合わせます。
そして株の中からは小さな泉が沸いています。
DSC_0145.JPG
切り株から見上げた様子。輝いて見えるのは雨がめちゃくちゃ降っているから。
どうもこの見上げた景色がハート型に見えるとか聞いていたのですが、ロマンスに溢れる人々の妄想だったようです。

で、その後は大王杉を目指します。個人的にはウィルソン株と大王杉の間の1.1kmが一番きつい。
因みに、ここまで誰一人会っていません。ずっと一人。
もはや気分はリアル・デス・ストランディング(ゲーム)です。
ここで初めて、ポーター、、じゃない登山者3名とすれ違いました。
前日に新高塚小屋に宿泊した人たちです。
そして大王杉を過ぎ、今度は夫婦杉の横を通ります。この時がちょうど正午ごろ。
【夫婦杉】
DSC_0149.JPG
大きな杉がそばのやや小さい杉の肩に手をかけているようで興味深いです。
もうこの頃には雨が激しさを増して「もしかしてヤバいのでは。。」と思い始めたのですが、あと数百メートルの筈なので進みます。そしてついに雷が。ヤバい、雷はヤバい。でもやり過ごす場所ないんですけど。

・・・そして縄文杉。
DSC_0158.JPG

昔は根本まで行けたそうですが、2つの展望デッキからの鑑賞に制限されています。
まぁ、大事な自然なのでみんなで守る必要があるのは当然ですな。
でも、やはり圧巻で、思わず掌を合わせてしまいます。
実はこの時が(遮るものもなく)雨のピークで、雨粒が痛いほど。縄文杉を見上げるのも辛い雨足です。
写真ではちょっと白っぽく映っているだけですが。

本当はここで待望のお弁当ですが、踵を返し、元来た道を戻ります。実は縄文杉の写真を最後にスマホのカメラが壊れてしまいました。一応防水なのですが、以前に落とした亀裂から浸水したらしく、まぁ、そのくらいの雨です。なので、復路の写真はありません。
そして、リュックの中で厳重にくるんだSurfaceもやられてしまいました。前回、ジブチの砂漠で壊れてから日も浅いのに。。。(Surfaceは修理に出しても事実上、交換になります)
ちょっとSurface保護対応は今後の課題ということで。

往路ですでに川のようだった登山道は、さらに激しさを増しております。
幸い、雨は穏やかになってきました。
雨の中ではありますが、濡れながら弁当を食べます。味ではなくエネルギー補充のため。
そして大株歩道入り口まで戻ってきました。ここまでくれば一安心。
ここで本日2組目にすれ違います。
こちらは今夜、山小屋に泊まる人たちです。
聞いたわけでもないのに、なぜ知っているかというと、登山バスが運休で皆、タクシーで登山口まで来ており、タクシーの運転手が連絡を取り合ってるからですね。
本日の日帰り登山は私一人だったので、私のことも話されているのでしょう。

帰りは下りなので速く、特に問題はありませんでした。

屋久島の自然は本州のそれとは違った見ごたえがあり、非常に見事で1日をかける価値は十分あります。
加えて、険しいながらも要所要所で登山道を整備するスタッフと、ゴミひとつ見られない他の登山者の登山者魂に感銘を受けます。
こういった人たちのお蔭で、ここの自然は守られているんだなと、素直に感動できます。
できれば、また来たいですね。

スマホとパソコンは壊れてしまったけど。

プチ社長日記:『メモ』の話

なんか超長期金利が微妙に上昇しとる。
インフレシナリオが現実味を帯びてきたということでしょうか?
実体経済が停滞し、雇用や賃金が低下するならスタグフレーションですな。
今後、マーシャルのkなんかがマスコミで取沙汰されるかもしれないですね。
緩和期待によるものであるのはまぁ間違いないんでしょうけど、大きく勝負できる状況じゃないですねぇ。
どうしたものか。
あまり実現してほしくないシナリオではあります。

まぁ、GMOクラウト触ってる時点でギャンブルですが。


フィッシャーの交換方程式
MV=PT
M : 貨幣量
V : 貨幣の取引流通速度
P : 物価
T : 1期間における財・サービスの取引量

マーシャルのk
k=M/PY
Y : 実質GDP

プチ社長日記:『キャリア美人が増資とな』の話

なんかキャリア美人からプレスリリースが来たので。

次世代女子に特化した採用マッチング「CAREER BijiN(キャリア美人)」、個人投資家を引受先に資金調達及び役員就任のお知らせ

・・・そうですか。
今年は社長の(朝まで続く)誕生祭がコロナで流れて正直ホッとしてたのですが、元気そうで何よりです。

プチ社長日記:『富士急の社長はすごいな』の話

私も見習おう。


プチ社長日記:『さすがに』の話

一服感あるやろと思って昨日買いポジ解消したんだけど、はてさて。。

プチ社長日記:『売上見通し』の話

どんだけ削減しても足らん気がする。。。
そもそも、客の決算発表見てても来期予測が非開示なんだし、もう何がなんだか。
今月末乗り越えられても、来月末を乗り越えられない企業とかも出てくるんだろうねぇ。。
まぁ、粛々と対応するだけなんですけどね。

プチ社長日記:『経営について語るとき私が語ること』の話

コロナ禍である。
あまり株価が崩れないから実感ない人も多いだろうけど、コロナ禍である。
「コロナ」という言葉を聞くたびに、コロ助が「コロナナリよ」と言っているイメージが浮かぶのだが、頭の中のフラワー具合が知れるので、とりあえず黙っている。

つーか、誰だよ株買ってるやつ。
インフレヘッジ以外の理由が見当たらんし、それでもあがるもんは買うんだけど。

一方、本業周り(IT業界)は今のところ平穏。特に日本は不思議とダメージ軽い。
まぁ、リーマンショックの時に流れたデカップリング理論を信じなかった(だから損害出したけど致命傷ではなかった)ワイ的には安心していない。日本だけ何とかなると思える方がワンダー。
まぁ、リーマンショック以降、デカップリング理論聞かないけど。
業界的に強く、一部はコロナが追い風になってるところもあるけど、それでも中期の減衰は否めない感じ、という程度である。

ところが、出資先や経営関係先の中には”コト消費”で成り立ってるものが多く、そのダメージたるや惨憺たるものである。
土曜日にも関わらず、テレカンで状況を聞いていると、ワーストシナリオで売上50%減。しかも、ワーストと言いつつまぁまぁ実現性ありそう。
・・・なにそれ死んじゃう。
つーか、リーマン前の売上1/4ってマジすか学園。

リーマン直後に大幅赤字を出し、ふうふう言いながら4年でトントンまで来た。
売上は減ったままだ。リーマンショックで売上が30%減となり、「そのうち売上は戻るだろう」と当時の社長も言っていた。一方で、産業的に斜陽と言われるこの業界では戻らないだろう、とワイは思っていた。
でも、現場を掌握している人間がそう言ってるんだから、門外漢の私は忙しかったこともあり長らく様子見だった。

実際には、対応は後手後手に回り、それも全員が等しく耐える戦法で、ぬるかった。
社員を大切にするあまり、社員を切れない社長だった。
自分にも責任の一端はあったから釈明すると、仕方なかった面もあった。
で、2011年になってもリーマンを言い訳にされたのに内心キレ、痺れを切らして割に合わなくても積極介入に転じ、コストカットして収支トントンまできた。
でも、その4年で大きく体力は削がれてしまった。
もっと早く介入しておけばよかった、と今でも思う。


アベノミクスでも、売上は伸びなかった。
で、その後、主要顧客の体制変更でダメージを受け、30%の売上減である。
70%×70%=49%、リーマン前の半分である。
その時には割と言うことが通る立場にあったので(ただし、より薄給になった)、
1人の自然減の他に2人の社員に身を引いていただき、ようやく浮上した。
因みにその時も「そのうち(売上が)戻るだろう」という方がいた。
引いていただいた内の1名は、その方だ。

なんで、こんなに危機意識が低いのだろう。当時はイライラばかりしていた。
そして、今回も似たような感じなのである。50%減の見込みが出てるのにだ。

「どうすればいいと思いますか?」と、敢えて聞いても具体案は出ない。
取締役は経営が仕事なんだが、通常のルーティンをこなすのに精一杯なのか、現場からはアイデアが浮かばない。
いや、求めているのは対応策であって、アイデアというハードルの高いものではない。
「マスク売りましょう」とか言い出されても困る。画面叩き割るわ。

ここまでのブラック・スワンだと、まぁ、わからなくもない。
確かに、一過性かもしれない。多少はコロナ禍が過ぎれば戻るだろう。
でも、元通りにはならない確信がある。

だって、ワイらにとっての売上は、客にとってのコストだから。
当たり前である。で、コスト減らして耐えることが出来れば、不確実性の高まっている状況でコストを元通り払おうなんて奴は、いない。
だから、売上減ったら減った分、コストを減らすのが鉄則。

「コストカットしかないですよね?」とワイがいうと渋られるのである。
私がコストカットという言葉を使うとき、雇用を指す。だから渋る気持ちもわかるけど、それやるのが経営の仕事だよね?
そりゃ、無駄なコストあったらそこから削るけど、売上が50%になってトントンにしてるんだから、これ以上削れるところは既にない。むしろ、ワイが参画する前はどんだけガバガバだったんだよ。

コストカット、それしかないってば。
このままだと、あなたも1年後には立派な失業者ですよ。まだ年金受給できないよね?転職、無理だよね?
どーすんの?つーか、なんでワイが心配するの?ワイは笑うくらいの薄給(マジでワイの日当くらいしかない)がなくなるだけで済むんですけどね。
あ、資本整理で今年数百万使ったからそれも無駄になるか。でも軽傷である。
(それでも、1円とて損するとムカつくけど。)
それ以上に、経営陣は責任ある立場だからいいけど、一応、経営陣を信用してくれている(ことになっている)スタッフに申し訳ない。
「何の対策もないです。バンザイです。」なんて言えない。

というわけで家賃の減賃交渉と、さらなるコストカットをまたやるのである。
中小企業の補助金200万ももちろん申請はするけど、正直、桁が違う。
ボロい社屋も、今年は修繕費を予算に計上したかったが、それも見送りである。つーか、予算立てられないし。

・・・ぶっちゃけ、憂鬱である。
でも、やるだけやる。
それでも無理なら、名誉ある撤退しかない。金策なんてコストの塊をやるくらいなら撤退である。
債権者に迷惑かけるくらいなら、「キレイに撤退」は前から決めていたことだ。

だが、今は潰さないと決めている。
無傷ではいられないけど、潰さない。
まずは、その意識を浸透させることからだ。

・・・とういわけで、頑張りますのでボクの報酬、せめて日当2日分に増やしてください。

プチ社長日記:『失敗の本質』の話

言わずと知れた名著の再読。今読んでも示唆に富むのはさすが。


本書は、ノモンハン事件から沖縄戦に至るまでの日本軍の失敗を組織の問題として捉え直し、戦略的合理性よりも組織内の融和と調和を重視する情緒的性質及び、初期の成功体験を踏まえた「過剰適用」による組織としての自己革新能力を得られなかったことに、その敗因を求めている。
無論、物量や技術的蓄積の差はあったが、すでに得ているリソースの活用の仕方で、組織として既に敗北が決していたと言えるまでの説得力を持つ。

どの階層を取ってみても相似形だと思うが、例えば個々の作戦をプロジェクトとして自組織に当てはめて考えてみるだけでも、ちょっと背筋の冷える思いがする諸兄がたくさんおられるのではないだろうか。

かくいう私も、規模としては吹けば飛ぶようなものであるが、自組織について当て嵌めて考えてみると硬直した組織になっており、好景気時には全てが覆い隠されていたものの、潮目が変わる中で見据えると改善点が幾多も挙げられる。

折しも、コロナ禍の昨今である。
直撃を受けている業種(航空など)や、地方経済(地銀など)は、公的資金注入の(再)国有化も可能性として今後議論されるかも知れない(一部で議論されている)。
言わば戦時経済のような趣になる可能性もある。

周囲を見ても、「人との接触を8割減らす」前に「売上を8割減らす」を先に達成して困窮しているケースが身近に多々あり、実態としても非常時であることは間違いない。

このような状況に適切に対応できる組織は少ないだろうが、ウィズ・コロナ、アフター・コロナと言われる状況が常態化する世の中になっても生き残るのは、結局は環境の変更に合わせて適切に自己変革できる組織であろう。その変革に向けた補助線として、本書を今、改めて読む意義は小さくないと感じます。



・・・まぁ、これ読んでも失敗するときは失敗するんだろうけどね。

プチ社長日記:『本日のDMM英会話』の話

割とDMM英会話の話を書いてるので、DMMの回し者みたいになってますが、亀山会長とはお会いしたことはあるものの、絶対向こうは私のこと覚えていない自信がある、そんな程度です。つまり関係ないやんけ、ってことです。

さて、本日の先生はアンティグア・バーブーダ人でした。


どこやねん、それ?

国旗みて「あー、なんだかあったかも」と探り探り話をする私。
東カリブ諸国機構(OECS)の一員だそうな。
OECS =Organization of Eastern Caribbean States +There are nine member countries who make up the OECS. Antigua Barbuda, St. Kitts, Nevis, Montserrat, Dominica, St. Lucia, Grenada and St. Vincent and Grenadines

そしてやはり話題はコロナ。もうこのトピック避けたいんだけどね。

Antigua 26 cases, 15 recovered, 3 deaths, 1 critical
26人感染だそうな。人口10万人だからそんなもんすかね。3人死亡は多いけど。
一方で、隣のセント・ルチアは死者ゼロだそうな。

curfew = 7pm to 5am
今回の騒ぎで外国人と話す際のキーワードがcurfew(外出禁止令)。
夜は出歩くなっていう程度だそうな。割と緩い感じですね。

ただ、カリブ海諸国は何しろメインの産業が観光業なので、仕事がなくて途方に暮れているそうです。
まぁ、そうだよね。

最後に、「海賊でもやったら?」とボケてみましたが、全く通じなかったことだけ申し添えておきます。

現場からは以上です。


プチ社長日記:『東京貧困女子』の話


結構、評価の難しい一冊である。
登場する「貧困女子」が同情を求めてるかというと、そうではないケースが多いだろう。
ただ、理解はされて然るべきである、とは思う。

筆者である中村淳彦氏は筋金入りのノンフィクション・ライターなので、淡々と、状況を詳らかにしていく。
若者を貧困に捉える貸与型奨学金制度やブラックの温床である介護業界、セーフティネットとしての生活保護支給の制度についての怒り等は吐露するものの、基本的には状況をポンと投げるだけの姿勢である。

出てくる女子について、冷たい言い方をすれば「運がなかったな」というケースは多い。

親が離婚(母子家庭)、親の収入が低い、本人の離婚(男の見る目がない)、ブラック企業に就職してしまい病気になった等、逆に言えば些細なこと(運が悪い)がきっかけで貧困に転落してしまう話ばかりである。
無論、うまく立ち回れば回避できた問題も多く、読んでて「あ、その判断は間違いだろ」と思わせる箇所もなくはない。
だが、(書いてあることをそのまま受け取れば)仕方ないと思われるケースも多い。

奨学金も貸与型が全部ダメという話ではないだろう。確かに、大学卒業とともに多額の借金を背負わされるが、(就職に有利なそれなりの大学であれば)奨学金の返済は可能であるし、私の周りにもキチンと返済できている方は多い。奨学金という借金を背負ってまで卒業するに値する大学かどうかは、考えた方がいいだろう。
(もっとも、この本に出てくるように、子の奨学金を親が召し上げるケースは例外だが。)

ただ、やはり全体の流れとして、少子高齢化の進む日本においては、明るい未来を見いだせず、セーフティネットや介護についても財源を考えると厳しい状況にならざるを得ないのは仕方ない面もある。
この救いようの無い現実にどうしても行きついてしまうため、重たい読後感になるが、これは即ち日本人が目を背けてはいけない問題でもある。
つまり、彼女たちこそ今後の日本のニュー・ノーマルの先兵とも言えるのだ。
そういう意味で、読んで損はない一冊である。



・・・・ところで、なんでこの表紙の写真がNews Picksの宣材に使われてるんでしょうか?
貧困女子がイキナリ意識高い女子みたいになってますが。
キャプションで見た印象が端的に変わる例になっております。。