<< August 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

プチ社長日記:『カテゴライズ甘ぇよ』の話

俺が知りたいのは、仕事を『やらない人の脳』なんだけどな。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『今こそマック・ベジバーガーの時代(かも)』の話

中国の食肉加工問題でマクドナルドがご立腹でございます。
特に流通で問題があるのがチキンだそうですね。
詳しくありませんが。
これ、インドは大丈夫なんですかね?

インドは、ムスリムが豚を食べない、ヒンドゥー教徒が牛を食べないので、インドのマックで肉を食べようと思えばチキンしかありません。
所謂、ビッグマックのチキン版に該当するのがマハラジャ・バーガーです。
これ、だいぶ美味いです。

チキンしかないのにチキンの流通が止まれば、マクドは只のアイスクリーム屋になるのではないかという危惧が持たれますが、実際にはベジバーガーというナイスな商品が主力なので、問題はないと思われます。

宗教的な理由や、そもそも経済的な理由でベジタリアンが非常に多いのがインド。
ベジバーガーは、平たく言うと『カレー風味のポテトコロッケ』をバンスに挟んだものですが、これが結構イケるのです。カロリーも低い(多分)ので、日本人にもウケそうなのになぁ、と思っておりました。

あ、勿論、油も植物性ですよ。
この辺はとてもデリケートで、英国植民地時代、英国軍が歯で噛み切る薬包に牛と豚の脂を塗布するタイプを使用して、支配下にあったインド人の怒りが爆発、セポイ反乱の引き金(※)になっています。
(※あくまでもきっかけで、本当の原因は英国支配に対する積年の怨嗟)

戦争しちゃうくらいだから、『飲み込まなければセーフだろ』とか、そんな甘い認識は通用しません。
誤って提供したら洒落にならないので、包装紙も「ベジ」「ノン・ベジ」は一目で解るようになっております。

話が逸れましたが、ふと、たまに食べたくなる味なので、この機会に日本でも大々的にベジ・バーガーを売り出さないかなぁ、と期待しております。
(ポテト減量でもいいからさ。。。)

DSC_1715.jpg
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『SAKURAコンシェルジュ』の話

廣岡絵美女史の率いる株式会社UA-Links様の新規事業「SAKURAコンシェルジュ」のサイトを作成しました。
どうやら世間も夏休みらしく、私が自らボケ防止を兼ねて1日半で構築しました。
つっても、素材の提供を受けていたので楽勝でしたが。

無論、「走りながら作る」という、原則に忠実なので、現時点ではお見苦しい所も多々あります。

今回は、単純なweb作成代行ではなく、出資予約権を留保する形でのスキーマにしてみました。
先方との信頼関係が重要で、今回は手探りでしたが、ファクタリングなどを上手く利用すれば、今後、このスキーマで展開できるかもしれないなぁ、と考えております。

サイトデザイン最終化や運営は、UA-Linksに引き継ぐ想定です。

いやぁ、やっぱ元気のある会社は、見てて楽しいですわ。(自分のとこは休んでるけど)


■SAKURAコンシェルジュ
企業に在籍する女性社員の「モチベーションアップ」に徹底的にこだわった、日本初のサービスです。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『うむむ』の話

ちょろちょろ小さな案件は手掛けているが、本当に進めたい方向の話に限って頓挫する。
気晴らしにまたぞろ旅行でも行こうかな、と思ったが、いつの間にやら夏休みでいろいろ混んでいるし。。。

一日中、机の前に座って、何もアイデアが湧かない日が続くと精神上よろしくないねどーも。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『アジェットやっちまったな』の話

マザーズ上場企業のアジェット(7853)から目の覚める糞リリースが出ており、酒が進みます。
とっとと潰れてほしいですね。つーか、既に現在返済できていない債務の期限が来たらアウトでしょうけど。

第三者割当、役員異動、その他関係会社の異動の中止および資金借入、子会社新株予約権付社債の買入償還の未実施に関して


因みに『株式会社アイランド』のHPはこちらですが、『株式会社アイランド・インベスト』(II社)には、HPもなく、アイランド社のHPに記載のある「アイランドグループ」にも掲載されていません。どういう繋がりなんでしょうかねぇ。II社の代表「社員」の佐久間英徳氏は7/30にアジェットに役員として迎え入れられようとしていたようですが、詳細は知りません。まぁ、こんな会社どうでもいいですし。
昨年破綻した経営コンサルのスカイハート代表と同一人物かどうかは不明であります。

まぁ、あれですね。「貧すれば鈍する」ということでしょうか。
怖いですねー。。。そこを反面教師として活かしたいと思います。


【引用】
当社では今回の本件第三者割当の増資に先立って、7月14日付けの「資金の借り入れ、借入金返済および営業外費用の発生に関するお知らせ」で実施した旨の開示を行った資金の借入に関してですが、割当予定先である株式会社アイランドインベストメント(以下、「II社」といいます。)から7月14日付
けで資金の借入(349,998千円)を実施する予定でした。この借入金は、本件第三者割当の新株発行の現物出資(デット・エクイティ・スワップ(以下、「DES」といいます。)として払い込まれる予定でした。尚、実際に借入を実施していないにもかかわらず、実施した旨の適時開示を行ってしまった原因は、7月14日(開示日当日)の午前中にII社の代表社員である佐久間英徳氏(以下、「佐久間氏」といいます。)と、金銭消費貸借契約書に関する締結を行った際には振込に関して問題無い旨の確認を取っていたため、開示時間前での着金の確認を怠ってしまったためであります。
しかしながら(中略)7月15日午前10:00の時点でII社から借入金の振込が確認できなかったため、佐久間氏に確認したところ、本件第三者割当の資金提供元である株式会社アイランドから資金が振り込まれないため、当社にも振込ができない旨の回答を得ました。また、株式会社アイランドの代表取締役である亀頭隆行氏(以下、「亀頭氏」という。)は18日まで、海外出張のため詳細確認が取れない旨の連絡を受けました。(中略)
その後7月19日の午前9時30分に、亀頭氏、佐久間氏含めミーティングを行い、7月14日までに349,998千円の振込をしなかった理由と、今後当該349,998千円の提供と7月31日払込み予定の新株式の払込金額200,002千円、新株予約権発行時の払込金額9,000千円の合計559,000千円の資金確保が可能かどうかを亀頭氏に確認しました。亀頭氏の方からは、7月14日に振込を行わなかった理由に関しては、当該資金に関しては佐久間氏の方で用意できる旨の連絡を受けていたため準備をしていなかった旨の回答を得ました。(中略)
この借入金によって予定していた7月14日付け「子会社発行の新株予約権付社債の買入償還に関するお知らせ」でお知らせした、子会社の新株予約権付社債の買入償還に関しても実行されておりません。また、戸田泉氏および株式会社りく・マネジメント・パートナーズおよび横田行夫氏に対する借入金の返済に関しても実行されておりませんので併せてお知らせいたします。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『アナと雪の女王』の話

■あらすじ
姉ちゃんの暴走を、妹が姉妹愛でナイス・セービング。

■感想
「字幕なしでも疲れず観られる映画」という消極的な理由から、欧州航路やインド航路で見ていた本作だが、気付けばうっかりBDまで買ってしまった自分にびっくり。
「アナ雪旋風」と言われるくらい流行っているので、今更どうこうもなく、エンターテイメントとしては極めてよくできていると感服する。

個人的に気になった点を敢えて言うと、エルサの雪中進行速度が半端じゃない点と、後方不注意な点。
前者は、アナが馬やトナカイに乗っていても追いつかないエルサの爆発的脚力がオカCという話。
そして後者が、自身による妹への全方位攻撃Hitに気付かなかったり、身を挺して庇う妹に最後まで気付かないなど、思わず「エルサ後ろ後ろー!」と全員集合のように叫びたくなるほど後方不注意な点である。

ま、エンターテイメントなんで、野暮な話ですが。
れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『一部の集団的自衛権反対論者に対する違和感』の話

今日、というか昨夜ですが、地下鉄に乗ったんですよ。
そうすると続いて老人2人が乗りこんできて、大声で集団的自衛権、安倍内閣、ひいてはアメリカまで批判論議を始めました。論理的とは程遠い内容でしたが、傍にいたアメリカ人が不快に思って車両を替わっていかれました。
彼女とおぼしき日本人を連れていたので、きっと日本語を解されるくらい、日本に興味・関与を持っていただいている方なんでしょう。同じ日本人として淋しく思いました。
老人の一人が途中の駅で降りてホームから「安倍内閣を封鎖しろー」と訳の解らないことを叫んでいました。

集団的自衛権については、反対の世論としてデモや焼身自殺未遂などが報道されています。
安倍内閣が国民の意見を聞かずに勝手に決めた、という論調もよく見かけます。
そして、そう言った主張・報道内容を安易にSNSなどでせっせと拡散している方も、です。

デモは権利ですし、国民が政治に興味を持つのは大変結構な話だと思います。
積極支持・容認・反対、、いろいろな意見はあるものの、『この国を良くしよう』という根っこの思いは同じだと信じてます。

ただ、タイミングに猛烈な違和感を覚えるのです。

民主主義の基本は、「選挙」です。

自民党は、「集団的自衛権の行使を可能とする」とする公約を2012年11月に提示しています。
この文言を見たとき「やはり来たか」と思いました。
この選挙で自民党は大勝し、安倍内閣が発足したのは周知の事実です。

政権与党になったのですから、公約を守るのは当然です。
全然違うことを言い出したら、「公約違反だ」と糾弾されるべきものです。

今回、デモに参加されたり、せっせと反対意見を展開されている方が、前回の選挙で非自民に投票していたのなら(あるいは白紙投票なら)、筋は通っていると思います。そういう「覚悟のある」貴重な意見は大切です。
しかし、話を聞いてみると(過去の記事などを参照すると)「前回、自民に投票した」という人が結構、いるんですよ。聞いてみると「そんな公約、知らなかった」と。

当時の民主党の体たらくを見ると、反射的に対抗馬の自民党に投票する、という心理は理解できなくもないです。
ただ、「民主党が無能だから」自民党に投票するというのは、折角の貴重な権利の行使としては、あまりにも浅はかではないでしょうか?
「選挙に行ってない」に至っては論外だと思います。今は不在投票制度も整備されていますし、特段の事情がない限り、投票はできる筈です。「選挙権を放棄すれば、政治について語る権利も放棄している」と見做されても仕方のないことではないでしょうか?

国民の支持を得た政党が公約に従って粛々と動くのは当然のことです。「安倍内閣が国民の意見を聞かずに勝手に決めた」という論拠は、ここに崩れます。
つまり、集団的自衛権は本質的には安倍内閣が決めたものではなく、自民党支持をした国民が決めたものなのです。
十分な時間、と言ってもここ1カ月やそこらの話ではありません。公約になる前から集団的自衛権の話はありましたし、安倍内閣発足からも1年以上経過しています。


もし、あなた自身が前回の選挙時に自民党に投票(支持)していて、集団的自衛権に反対するということは、契約書を交わした後に文句を言う人と同じではないでしょうか?
「契約書、読んでなかったから!」と叫んで通用するとお思いですか?

つまり、反対を表明するタイミングとしては、選挙のタイミングなんですよ。今じゃない。

無論、自身の考えに満額回答の公約なんて、まずありません。古代ギリシャと違って、間接民主制ですからね。
でも、自身の中で優先度を決め、それにそって「覚悟と責任をもって」支持を決定する、というのが言わば選挙の醍醐味ではないでしょうか?

(こんなところで書くべきではないと思いつつも)選挙の時、私自身は、俗物と言われようが経済政策を最重視する人間なので、割と具体的な公約を提示した自民に決めました。
集団的自衛権については、無論、実施方法次第のところもあるので、これは容認としました。
積極的支持だろうが消極的容認だろうが、この時点で「決めた」のは間違いないです。
個人的には、当初の憲法改正を見据えた公約のニュアンスよりは、だいぶ穏便な位置に落とし所が見つかってホッとしている、というところでしょうか。

一方で、万が一、集団的自衛権が裏目に出て戦争に巻き込まれ、国が亡び、後世の人間に「あの時の日本人、判断ミスったね〜」と言われても、それは甘んじて受けるしかないと思っています。
そういう覚悟は、こんな私としても持っているつもりです。

繰り返しになりますが、民主主義下において民意を反映させる最も有効かつ合法な手段は選挙です。
今このタイミングで、派手なパフォーマンスに付和雷同して世論が揺れるようなことが万が一あれば、申し訳ないですが、それは「衆愚政治」です。公約を確認せず、安易な気分で投票する、もしくは放棄も「衆愚政治」を招きます。民主政治の最大の敵と言って良いと思います。
逆に、キチンと公約を確認し、「覚悟と責任を持って」投票すれば、民主政治は機能します。

集団的自衛権については、「準備は喫緊に必要だが、それが機能するまでにはまだ時間がある」と思っています。永久に行使されないのが最も良いですが。。。今後の法整備次第ですし、法律なら改正は比較的容易です。
現状に問題があるのは、誰もが認めるところとは思うので、まだまだこれから、という所でしょうか。
キチンと確認し、選挙で主張すれば良い話です。

最初の話に戻りますが、敢えて今このタイミングで、集団的自衛権について反対を表明されている方は、その前に自分が前回の選挙でとった決定について「覚悟と責任が伴っていたか」を思い出し、反対を表明するに相応しい立場にいるかどうかを確認するのが、まず第一だと思うのです。









オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『しょんぼりThese days』の話

/譴辰僂蕕辰謄ーケースを失くす。
 →そこには家と自転車とジムのロッカーの鍵が。。。

∋楙せずにジムロッカーを使用していると、シューズを盗まれる。
  @ティップネス六本木
 →錠こそかけていなかったものの、
  蓋してあるロッカーから盗むか?靴を?
  しかも私の体臭付靴下とセットでだ。
  因みに私の体臭はジャスミンの香りだと主張しておこう。

  ジムに行って、なんか自分のロッカーの蓋からぷらーんんん、と
  ジャージの紐が出てたから、
  あれぇー、と思ったら、シューズが無いでやんの。
  日本だと大丈夫と思ったんだけどなー。
  ティップネス六本木は外国人が多いことで有名だが、
  泥棒までいるとは思わなんだ。。
  そういや、サットンゴルフ倶楽部で盗まれた
  腕時計も出てこないな。。
  脱衣場でちょろっと外しただけなのに。。。
  海外では気を付けるようにしていたが、
  もはや日本も同じですなぁ。。
  客層の問題かとは思いますが。
  買い直すのめんどくせー。

寝落ちしたら変な価格で約定。
 →金かえせ。

の行を先駆けして夏風邪。
 →馬鹿がひくという例のアレね。

ゼ分の年齢が天才バカボンのパパと同じということに気付く。
 →自分のココロを「バールのようなもの」でこじ開けられ、
  頭を「鈍器のようなもの」で殴られたような衝撃を受けました。


・・・諸々あわせて、とってもしょんぼりです。


くつろぎの夕べ | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『もう今年も折かえってるのかよ』の話

『真面目にやらなきゃいけないのに、いつの間にか夏になった。。。
あっちこっち出歩いてるのが、あんまり楽しくてさ。。。』
tokikake.jpg

あちこち種は蒔いてるのですが、モノになるかは運次第なところがあります。
因みに、オーバーホールは今月一杯はかかりそうです(笑)。。。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『風立ちぬ』の話

■あらすじ
堀越次郎の功績+堀辰雄のロマンス

■れびゅー(というか感想)
案外、宮崎駿監督作品でないジブリ作品が好きな私だが、その理由はあまり荒唐無稽なキャラや話には感情移入しづらい為である、と思う。主人公も少女だったりすると、その分、違和感は大きくなる。
ところが、この点は日本男性が主人公で、空想のキャラクターは(夢の世界以外では)出てこない。
豚よりも感情移入しやすいのは当然ではなかろうか。

背景も、碓氷峠のアプト式鉄道や軽井沢(多分万平ホテル)、横須賀の戦艦長門が出てきて楽しい。
特に戦艦長門は大きく2回、煙突の形状が変わっているが、時代考証もばっちりで、当時の屈曲煙突が描かれている。
堀越氏が初めてチーフとして設計する七試艦上戦闘機も見ごたえがある。
フィクションと現実のバランス感覚、この辺は相変わらず素晴らしい。

問題となった喫煙シーンは、成程よく出てくる。
しかし、アニメの煙が人体に害を与えるわけはなく、当時のキャラ設定の都合なので、正直これをどうこういう人たちの気がしれない。ついこの間まで東海道線などでは普通に煙草が吸えたのだ。過去を映像化しようとすると煙草が頻繁に登場するのは当然である。

どちらかというと、ロマンスや戦間期という微妙な時代の話ということで、(喫煙シーンも含め)ほのぼのした子供向けではないことは言えることから、そういうものを期待していた方々には、なるほどショックだろうなという理解はできる。

私にとっては、そういう意味でこれまでの宮崎駿監督作品とは一線を画した、共感しやすい作品であったので、非常に楽しく拝見させていただいた。
お勧めである。

れびゅー | permalink | comments(0) | -
| このwebを『はてな』ブックマーク |




+ ARCHIVES +