<< March 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

プチ社長日記:『甲田社長に逮捕状とな』の話

去年は20か国以上を訪問し、今年はありがたくも仕事をしている関係上、週末に国内を仕事を兼ねて転々としております。なんだかんだと温泉に行ってるだけなんですけどね。

そんな折に甲田社長に逮捕状請求されたという報道がされており、心を温めるには温泉ではなく、知人の逮捕といったこういうニュースであると再認識する次第であります。

国生さゆりの元夫・甲田英司氏の逮捕状を請求 容疑は詐欺行為
いいですね。しかも容疑が自分のランボに傷つけて保険金詐欺というセコさが最高です。
人生短いですし、逮捕とかされるのもLife Experienceという意味ではちょっぴり羨ましいと思うのは私だけでしょうか?ランボとかは羨ましいとちょっとも思わないんですけどね。

最後にお会いした時は何故か三菱自動車の話をしたのを記憶しています。どちらかというとお付きの秘書さんが別の仕事をしていて、そちらに興味がそそられておりました。

逮捕状出ても逮捕の報道がないことを見ると、今もって逃亡している模様です。
さすがのエンターテイナーっぷりにシャッポを脱ぐぜと言ったところです。

これからもご活躍を期待しております。
いや、逃亡じゃなくてね。

off1-2.jpg


仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『あけました。よろしくです。』の話

20150101.JPG
2年前の正月は仕事してて、去年は沖縄で、今年は多分仕事だろうなー、と思って空けてたら特に仕事も入らず、かねてから懸念だった案件の調査などをゆるゆるとする穏やかな年末年始を過ごしております。

元旦の朝も、銀座界隈にいたのですが朝9時過ぎだというのに閑散としており、コーヒー飲むのにも苦労する始末。
だが、それがいい。

皆様にとって、今年も良い一年でありますように。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『火車』の話

この手の話はあまり読まないのだが、宮部みゆきさんの選んだ短編集が良かったこと(旅行中は短編集をよく読む)、周囲の評価が非常に高いことから、気になって読んでみた。

なるほど、一気に読ませるだけの名作である。鬼気迫る表現や、一見、無駄に思えるサイドストーリーが確りと最後につながるなど、思わず唸ってしまった。
背景に大阪の三角公園や伊勢志摩の赤福などが出てくるのは若干観光っぽいが、知ってる人間には楽しいのではなかろうか。

余談だが、本旨には関係ないが小さな誤りがあることを指摘しておきたい。
私自身はこの誤りが何かの伏線なのかとワクテカで読んでたのだが、何の記述もなく終わってしまい、「えー」となってしまったので、かえって印象に残る結果となってしまった。

問題の箇所は文庫版で543ページ辺りの倉田の回想シーンである。

賢島のホテルに泊まったんですけど、あいにく、一日中曇ってて、英虞湾に沈む夕日なんて、きれっぱしも見ることができなかったんです。(略)そしたら、夜中の2時ごろでしたかね、喬子が起きて、窓のそばに立ってるんです。声をかけると、月が出てて綺麗よって」(略)「雲が晴れてて、三日月が出てました。」

・・・言うまでもなく、深夜に三日月が出ることはない。




れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『サイコブレイク(ネタバレあり)』の話

どうして時間のある時には何も思わないのに、クソ忙しくなるとゲームしたくなるんだろうな。。。
「家帰って寝るだけ生活」に対するささやかな反抗なのだろうか。

ま、それはそれとして、ただでさえ短い睡眠時間を削ってプレイした『サイコブレイク』。
総時間は20時間ほどかかっちゃった。

決して良ゲーとは言い難いが、結局最後までやってるんだから糞ゲーとも言い難い感じ。
ただ、バイオシリーズと比べると難易度は高く、それなりにゲーム慣れしてないとクリアできないんじゃないかな。
初見殺し(強制イベント)が結構あって、いくら慎重な人でもノーミスクリアは絶望的に無理。
その一方でロード時間が長く、途中セーブが結構前なので戻される感じでダルイ。個人的には7章に嵌ってイラついた。ロード画面見るためにゲームしているような気にすらなる。

システムとしてはまんまバイオ4で、バイオよりも視点が近いのかな?迫力はある分、視界が狭くてアイテムを探すために視点をぐるぐるしまくる必要があるのがダルイ。レスポンスも若干よくなくて、「え?なんで喰らってるの?」というところで攻撃をくらう。

ストーリーもだいぶ無理がある。3層世界になっているようなのだが、そこがわかりにくく、登場キャラクターも、「あれ?結局、あいつはどうなったの??」と解らず終いで消化不良が残る。
加えて、ナイフを所持しているのに、なぜか通常の接近戦では殴るというオプションをとったり、可燃性のガスが充満する工場(銃火器を使用すると工場ごと吹っ飛んでゲームオーバーになるパターンね)に潜入しているのだが、腰にランタンが煌々と灯っている矛盾(最終面の方のイベントで、そのランタンを敵に投げつけたりしているので、バッテリー使用とかでないのは明らか)。。。
ストーリーが破天荒なぶん、こういう細かいところは配慮してほしかった。

捨てる前に最後にパケを見たのだが、「快感」と謳っている割に快感はなかった。
ボスの中でも苦戦をしいられるであろう、「金庫男」と「4本手の女」(仮)だが倒したのかがよくわからん。
事実、金庫男は最終面手前で2体で再出現し、「なんだ、結局やっぱり殺せてないんじゃん。寧ろ増えてるし。」というガッカリな気分になる。倒せない敵なら倒せないなりに、隠れるという選択肢などを用意すれば良いものを、強制的に戦わされて結局倒せないというのは疑問が残るところ。

アイテムの弾数が少ないのは、使いどころを考えさせられるので悪くはないが、考えるあまり、終盤で手に入れた強力なアイテムであろうマグナムを一発も使わずにクリアというのは残念である。俺のミスだが。

バイオ4と同じく武器を強化できるのだが、結局、ラスボスにはマグナムはおろか、これまでせっせと強化してきた武器を使用せず、あまりにも偶然のタイミングで手に入れる超破壊力の武器で戦う展開になるので、武器は雑魚用に拳銃とかを強化するのがベターという結論にクリア後になって気付かされるのも切ない。

まぁ、悪い点は多かったが、中盤まで怖さ感は引っ張れたこと(後半からはただのウォー・アクションぽい)、英語版があったこと(日本語版ではプレイしてないので知らん)が良かったかな。
2週目はやらんけど、という感じです。はい。


れびゅー | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『今日もコンサバ』の話

さんざん遊んでたのに、いきなり毎日8時40分〜25時がコアタイムになって働いております。
『大統領のように働き、王様のように遊べ』という標語を今年も実践するのでありましょうか?
落差の激しい人生が好みなので文句はないですが。

そんな私ですが、私事万端に関しては非常にコンサバでありまして、
朝、スタバに行けば「いつものですね」とカプチーノとサンドイッチが黙っててもレジを通り、
昼、スタバに行けば「いつものですね」とカプチーノだけがレジを通り、
休みの日にクリーニング屋に行けば、顔を見るなり「たたみ仕上げ」ボタンを押され、
挙句、巣鴨ココイチにはいると黙ってても「カルビ焼肉カレー400g3辛半熟卵入り」が出るまでになりました。

ここまでルーチン化されると、「たまには納豆カレー喰いたいぜ」とか思ってても下手に注文できないプレッシャーを感じるようになり、結果、巣鴨店以外では晴れてハンバーグカレーとかをオーダーするよくわからん状態になります。

無論、メリットもあります。

何と言っても考えるのが面倒ではありません。
もうね、「ぱぱぱっと腹だけ満たせればいいじゃん」モードの時が多いので、無意識に事が進むのは有難いです。

それだけではありません。
まさに今、口内炎ができておりまして、非常に喋るのが億劫なのです。
もともと滑舌の悪さでは豊島区で10位以内には入るのではと自負する私ですが、口内炎とかできるとそれに拍車がかかります。
そんな時に、「カルビ焼肉カレー400g3辛半熟卵入りをください!」ではなくて「あぁ」とか「うん」とかで済むのは非常にありがたいのであります。

そんなわけで、これからも軸がブレることなく、ひたすらルーチンでオーダーしようと思う神無月の頃な私です。

どうでもいいけど口内炎早く治んねぇかな。


仕事の朝 | permalink | comments(2) | -

プチ社長日記:『業務連絡:今、北欧あたりにいます』の話

すんません。先日、と言っても1週間以上前ですが、北欧辺りを回っております。
ヘルシンキ(フィンランド)⇒タリン(エストニア)⇒ストックホルム(スウェーデン)⇒オスロ(ノルウェー)⇒ベルゲン(ノルウェー)⇒オスロ(ノルウェー)⇒コペンハーゲン(デンマーク)と来て、ベルリン行の夜行に乗っております。

何となくワルシャワ・アウトにしてたのですが、facebookで旅慣れた方からリトアニアを絶賛されたので、そのままバルト三国見て、ヘルシンキ・アウトに変更しようかと考え中です。
「いつまでふらふら遊んでるんだ!」と叱責を賜りそうですが、ふらふらではなく、本人は至って真剣に遊んでおりますので、今しばらくご容赦ください。

と、いう訳で、諸々、滞ってますが、帰ったら片付けます。

以上、宜しくお願いいたします。何を。
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『カテゴライズ甘ぇよ』の話

俺が知りたいのは、仕事を『やらない人の脳』なんだけどな。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『今こそマック・ベジバーガーの時代(かも)』の話

中国の食肉加工問題でマクドナルドがご立腹でございます。
特に流通で問題があるのがチキンだそうですね。
詳しくありませんが。
これ、インドは大丈夫なんですかね?

インドは、ムスリムが豚を食べない、ヒンドゥー教徒が牛を食べないので、インドのマックで肉を食べようと思えばチキンしかありません。
所謂、ビッグマックのチキン版に該当するのがマハラジャ・バーガーです。
これ、だいぶ美味いです。

チキンしかないのにチキンの流通が止まれば、マクドは只のアイスクリーム屋になるのではないかという危惧が持たれますが、実際にはベジバーガーというナイスな商品が主力なので、問題はないと思われます。

宗教的な理由や、そもそも経済的な理由でベジタリアンが非常に多いのがインド。
ベジバーガーは、平たく言うと『カレー風味のポテトコロッケ』をバンスに挟んだものですが、これが結構イケるのです。カロリーも低い(多分)ので、日本人にもウケそうなのになぁ、と思っておりました。

あ、勿論、油も植物性ですよ。
この辺はとてもデリケートで、英国植民地時代、英国軍が歯で噛み切る薬包に牛と豚の脂を塗布するタイプを使用して、支配下にあったインド人の怒りが爆発、セポイ反乱の引き金(※)になっています。
(※あくまでもきっかけで、本当の原因は英国支配に対する積年の怨嗟)

戦争しちゃうくらいだから、『飲み込まなければセーフだろ』とか、そんな甘い認識は通用しません。
誤って提供したら洒落にならないので、包装紙も「ベジ」「ノン・ベジ」は一目で解るようになっております。

話が逸れましたが、ふと、たまに食べたくなる味なので、この機会に日本でも大々的にベジ・バーガーを売り出さないかなぁ、と期待しております。
(ポテト減量でもいいからさ。。。)

DSC_1715.jpg
オトコの休日 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『SAKURAコンシェルジュ』の話

廣岡絵美女史の率いる株式会社UA-Links様の新規事業「SAKURAコンシェルジュ」のサイトを作成しました。
どうやら世間も夏休みらしく、私が自らボケ防止を兼ねて1日半で構築しました。
つっても、素材の提供を受けていたので楽勝でしたが。

無論、「走りながら作る」という、原則に忠実なので、現時点ではお見苦しい所も多々あります。

今回は、単純なweb作成代行ではなく、出資予約権を留保する形でのスキーマにしてみました。
先方との信頼関係が重要で、今回は手探りでしたが、ファクタリングなどを上手く利用すれば、今後、このスキーマで展開できるかもしれないなぁ、と考えております。

サイトデザイン最終化や運営は、UA-Linksに引き継ぐ想定です。

いやぁ、やっぱ元気のある会社は、見てて楽しいですわ。(自分のとこは休んでるけど)


■SAKURAコンシェルジュ
企業に在籍する女性社員の「モチベーションアップ」に徹底的にこだわった、日本初のサービスです。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -

プチ社長日記:『うむむ』の話

ちょろちょろ小さな案件は手掛けているが、本当に進めたい方向の話に限って頓挫する。
気晴らしにまたぞろ旅行でも行こうかな、と思ったが、いつの間にやら夏休みでいろいろ混んでいるし。。。

一日中、机の前に座って、何もアイデアが湧かない日が続くと精神上よろしくないねどーも。
仕事の朝 | permalink | comments(0) | -
| このwebを『はてな』ブックマーク |




+ ARCHIVES +